ひろゆき氏の「日本はオワコン」発言・ひろゆき氏の日本批判は通常通り?

日本はオワコン・画像

ネットに詳しい人であれば”ひろゆき”と聞けば知っている人が殆どでしょう。ひろゆき氏は「2ch・2ちゃんねる」を作って有名になった男性です。

2ちゃんねる開設後は2005年にニコニコ動画・ニコニコ生放送を運営しているニワンゴの取締役に就任します。

2015年にはアメリカやイギリスを含む英語圏で最大の掲示板である「4chan」の管理人になり、さらなる巨額の報酬を得ていると言われています。

日本は本当にオワコンなのだろうか?

ひろゆき氏を始め、多くの方が「日本はオワコン」と言いたがりますが、本当に日本はオワコンなのでしょうか?

国のオワコン度をはかるのに使われるのが、国単位で見れば経済成長率や経済規模です。個人単位で見れば給与が上昇したり、将来が明るいかどうかでしょう。

日本の経済成長率と経済規模

日本は戦後に焼け野原になったものの、強烈な経済成長を遂げて世界2位の経済大国にのし上がりました。1980年代はジャパン・アズ・ナンバーワンと言われるほど世界を席巻しました。

世界中のどこへ行っても日本の家電や自動車で溢れ、日本製品ばかりが売れすぎるので各国で暴動が起きたほどです。そんな日本が中国に経済規模で抜かれたのは2011年です。

日本は米国に次ぐ経済大国として42年間も栄えていましたが、1990年代初頭のバブル崩壊後は経済成長することが出来ませんでした。

下記のGDP(経済規模)推移を見るとわかりやすいでしょう。

日本・GDP・推移

中国とアメリカの経済規模は順調に右肩上がりですが、日本は1992年から2019年まで全く経済が成長していません。経済成長していない一番の原因はデフレと言われていますが、日本政府や霞が関にはデフレを解決する能力はありません。

若しくは意図的にデフレを放置しています。

<スポンサードリンク>

オワコンの日本と最強アメリカ、巨大中国の経済成長率推移

世界最強のアメリカは経済規模が巨額なため、数パーセントの経済成長であっても十分な成長です。中国は13億人という人口と強烈なトップダウンによって経済成長をするための施策が次々と実行されています。

日本経済成長率推移

下記の表を見ればわかりますが、日本の経済成長率は1%前後で推移していますので誤差の範囲でしょう。

GDP推移

経済成長率を見ると間違いなく日本はオワコンです。

画像出典:世界経済のネタ帳

日本人の給与推移

日本の経済は20年以上に渡ってほとんど成長していませんので、日本人の給与もほとんど上昇していないと想像するのは容易です。

サラリーマン平均年収

サラリーマンの平均年収は横ばいどころか10年以上に渡って下がり続け、底を打ったあとは上昇していません。この数字はサラリーマンの平均年収ですが、中央値で計算すると350万円を切ると言われています。

国の経済が悪化して一時的に国民の収入が下がるのはやむを得ません。アメリカはリーマンショックで大きな傷を負いましたが、今では史上最高値の株価を叩き出しています。

しかし、日本の場合は賃金も株価も下がったあとの上昇の勢いは弱いままです。

まさに日本はオワコンなのかも知れません。

<スポンサードリンク>


ひろゆき氏が思う日本のオワコン

ひろゆき氏のインタビューです。

「日本は大丈夫」って言っている人、ちょこちょこいるじゃないですか。どういう理由で大丈夫なのか、論理的な答えを知りたい。反論を知りたくて言ってるところもありますね。

 

かつては経済力を寄る辺にしていたのに、「世の中カネじゃないんだ」「金儲けは正しいことじゃない」と経済力を捨て始めているのが不思議です。

 

で、みんな「お金ないよね」って言ってる。そりゃないだろうね、っていう。

経済が強いときには「稼げ、稼げ」と一辺倒だったのに、経済が弱くなって沈み始めたら「世の中はお金じゃない」という人が増えたようですね。

日本人が貧乏になっているのは残念ながらデータからも間違いありません。

アメリカのように格差は広がり続け、ほんの一部の人が巨額の資産を築き、中間層は減って貧困層は増え続けるでしょう。

トマ・ピケティと言うフランスの経済学者が世界中で200年間以上のデータを収集してわかったことは、資本収益率>経済成長率(r>g・return>growth )です。

MEMO
資本収益率>経済成長率

資本を持たないものは資本を持つものより資産が増えることはない

資本収益率>経済成長率は、資本(株などの金融商品や不動産など)を持つ人は、労働者よりもお金持ちになり続けることを意味します。

金融商品や不動産を運用するのは相当な知識が必要ですが、資本家は若い頃から勉強しています。労働者は目の前の仕事をこなすのに必死で、せっかく得た資金を運用する勉強ができていません。

少しでも運用する知識があったり、運用することに対して敬遠する気持ちがなければ、日本の格差は少しはマシかも知れません。

日本の経済成長は見込めず、格差が広がり続ける

日本はオワコン、経済成長が難しい理由として、人口減少と少子高齢化が挙げられます。人口が減少すれば消費する人数が減り、高齢化すれば消費する金額が減ります。

経済効率を上げれば一人あたりGDPを上昇させることが出来ますが、日本は移民政策に舵を切りましたので最低賃金が上がりづらくなり、業務効率は現状のまま推移するでしょう。

ただ、日本はオワコンとはいえ、世界三位の経済大国です。これから人口の多い国々に抜かれはするものの、2050年頃でも経済規模は世界10位内に位置すると言われています。

右肩上がりではありませんが、強烈な右肩下がりでもありません。

少しずつ縮小していく巨大な経済圏の中で、少しずつ資産を増やす勉強をし、小さな資金から資産運用を始めれば十分に資本を持てる側に立つことが出来ます。

日本の経済規模であれば、まだまだ資産を作ることは可能です。ネガティブな意見をまともに聞いてあきらめるのではなく、現状を冷静に判断するのが賢明です。

お金の真実

ひろゆき氏・西村博之氏プロフィール

  • 1976年→神奈川県で生まれ、後に東京都北区赤羽へ移る
  • 1996年→東京都立北園高校卒業
  • 1996年→中央大学文学部入学
  • 1998年→米国アーカンソー中央大学へ留学
  • 1999年5月→2ch.netを取得
  • 2009年1月→シンガポールのPACKET MONSTER INCに2chを譲渡
西村博之氏に対する訴訟の一部
  • 生命保険会社書き込み削除請求
  • 動物病院名誉毀損判決
  • DHCメルマガ名誉毀損事件
  • 大阪歯科医院
  • 北海道の大学助教授
  • 学園が名誉毀損で告訴
<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です