ダイエットのビフォーアフター│あの頃はあんなに太っていた

ダイエット前とダイエット後の写真を比較すると、いかに昔の自分が醜かったかがわかります。よくもこんな体で街を歩いていたものだと感心しますが、太っている時は何も感じません。

太った自分が普通になってしまうと、他人に見せる自分の体型に対して恥じらいがなくなり、下手すれば開き直りかねません。

激やせする必要は全く無いですが、せめてぽっちゃりレベルまでは痩せないと洋服は選べないですし、何よりも健康的に宜しくありません。

下記は以前太っていたけど、ダイエットに成功した方々の写真です。

ダイエット・ビフォーアフター写真

<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>


この投稿をInstagramで見る

 

#transformationtuesday Losing 114lbs has done amazing things for my health. That’s one thing people are quick to talk about. Another thing it’s done is it has left me with some huge insecurities. You’d think having made such a drastic, positive change would boost a girl’s self-esteem and, to some degree, it has. This weightloss has left me with loose skin and an inability to recognize myself though. In my mind, I still look like the girl on the left. And don’t even get me started on the anxiety I feel about someone seeing my stomach…I really did think losing weight would be a magic cure for all the insecurities I felt before but, the truth is, that’s not the case. I will say that I’d rather have the loose skin and an inability to really see myself than all the health problems that come with being overweight. This was definitely the path I needed to take. I guess I’m just trying to say it’s okay to have insecurities. What’s going on on the outside is much easier to fix than what’s going on on the inside. I’m just spending each day trying to get back in touch with myself and gain that confidence that we all deserve to feel.

Brittanyさん(@b.r.i.t.t._getsfit)がシェアした投稿 –

炭水化物や甘いものを食べ続けると中毒にかかる

太っている頃は食べたいときに食べたいものを好きなだけ食べることで満足感を得ます。特にカロリーの高い食べ物を食べがちですが、糖が含まれていることが殆どです。

炭水化物や甘いものを食べることは糖を大量に摂取することになりますので、等の過剰摂取に陥り、過剰な糖(ブドウ糖)は体の中で内臓脂肪や皮下脂肪に変化します。

また糖は脳内のβエンドルフィンという物質の量を増やします。このβエンドルフィンには一種の中毒性があります。炭水化物や甘いものを食べ続けると中毒にかかってしまい、糖を食べない生活がやめられなくなってしまうのです。

太っている方の殆どは過剰な糖の摂取による中毒にかかっています。

まずは自分が中毒にかかっていることを自覚するのがダイエットをする第一歩です。

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です